TOPICS =2015年12月掲載=

3年次系列集会

系列集会・家庭系列クリスマスケーキ作り

 12月4日(金)、3年次系列集会を行いました。家庭系列では、「行事食」講習会として「クリスマスケーキ作り」 をしました。3~4人ずつのグループに分かれ、スポンジケーキが焼き上がると、アイディア豊かで見た目も鮮やかな、そのままお店のショーケースに飾りたくなるほど美味しそうなケーキたちが出来上がりました。


系列集会・家庭系列クリスマスケーキ作り

1年次進路ガイダンス

1年次進路ガイダンス

 12月11日(金)、各種専門学校や大学の先生方にお越しいただき、1年次を対象に進路ガイダンスを実施しました。
 はじめに全体会での説明会があり、その後24の分科会に分かれ、生徒たちは50分ずつ、 希望する二つの分科会のお話を聴きました。将来の進路選択のための情報収集の機会として、 今後の進路に対する意識が高まった講座となりました。


3年次スポーツフェッシバル

 12月11日(金)、3年次スポーツフェッシバルを行いました。競技種目は、男子がドッヂボール、 女子がバドミントンで、生徒たちは思いっきり競技を楽しみました。

3年次スポーツフェッシバル・男子ドッヂボール
男子ドッヂボール
3年次スポーツフェッシバル・女子バドミントン
女子バドミントン

2年次修学旅行

 12月11日(金)から12月14日(月)、3泊4日の日程で2年次が関西方面へ修学旅行に行ってきました。 京都の歴史や文化・自然に触れ、学校の授業では得られない貴重な体験をして、 たくさんの思い出が残る旅行となりました。

1日目

 仙台空港→伊丹空港→金閣寺→清水寺
 ホテル泊

2日目

 コース別研修(4つのコースに分かれて見学・研修)
Aコース:大阪科学技術館 → USJ
Bコース:インスタントラーメン発明記念館 → USJ
Cコース:大阪城 → USJ
Eコース:嵐山 → 北野異人館 → 南京町 → 六甲山夜景鑑賞

3日目

 京都市内班別自主研修
 44の班を編成してそれぞれが自主的に研修

4日目

 クラス別研修 → 伊丹空港 → 仙台空港

修学旅行・金閣寺


修学旅行・清水寺

修学旅行

▲ このページの先頭へ

高山 広氏 ~『劇励』講演会~

 12月18日(金)、宮城県出身で「アクター ディレクト ライター」として活躍されている高山広氏が来校、 3年次生対象に『劇励』講演会を実施しました。この講演会は、来春の卒業を前にした3年次に向けて「劇励」 してくださるもので、一つひとつのショートストーリーの「モノ」や「概念」の中に、 高山氏からのメッセージが込められています。
 最後に、高山氏から「相手に向けて発せられた言葉は同時に自分にも向けられています。言葉を大切にしてください。」 という大切なメッセージをいただき、恒例の「手っこつないであばいん、愛してまーす!」を全員で叫んで講演を締めくくりました。 生徒たちを励ましてくださり、ありがとうございました。

高山広氏「劇励」講演会
「歯ブラシと雑巾」より
高山広氏「劇励」講演会
全員で「手っこつないであばいん、愛してまーす!」
高山広氏「劇励」講演会
生徒からシクラメンを贈呈

吹奏楽部クリスマス会ボランティア演奏

 12月20日(日)、美里町和多田沼地区農村婦人の家で行われた、美里町和多田沼地区子供会クリスマス会で、 吹奏楽部が演奏会を行いました。「アンパンマンマーチ」「宮崎駿メドレー」「ようかい体操」「ひまわりの歌」 「RPG」などお馴染みのメロディーを演奏しました。参加者の方々は静かに聞いてくださり、時には口ずさんでリズムをとって楽しんでくれたりと、 ニコニコ笑顔で演奏を楽しんでくださいました。
 コンテストと違い、聞いて下さる方々が温かく見守ってくださり、楽しんでいただくことができ、 自分たちの演奏で喜んでいただけることを生徒は実感することができました。
 人数が少なくなってしまった吹奏楽部ですが、今後とも老人施設や保育所など慰問演奏したいと意欲的です。

吹奏楽部クリスマス会ボランティア演奏

文部科学大臣から表彰状をいただきました

「文部科学大臣表彰」受賞

 12月17日(木)、国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた、「キャリア教育推進シンポジウム」 において、「文部科学大臣表彰」を受けました。表彰式・講演会の後、本校は表彰校を代表して、 「と・ら・ま・い」の活動等の取り組みについて事例発表を行いました。


「文部科学大臣表彰」受賞
記念撮影
「文部科学大臣表彰」受賞
事例発表
「文部科学大臣表彰」受賞
表彰状

加古川南高校よりカイロをいただきました

 兵庫県の加古川南高校の皆さんから今年もたくさんのカイロが送られてきました。2年前に交流が始まって以来、 毎年この季節に送ってくださっています。カイロと一緒に、可愛らしいクリスマスカードやメッセージの書かれた色紙、 お手紙、10月の交流会での一人ひとりの感想文も送っていただき、心までも暖まる思いです。
 これからも両校の交流が脈々と続くことを願っております。本校への心遣い、本当にありがとうございました。

加古川南高校からのカイロ
たくさんのカイロをいただきました
加古川南高校からのクリスマスカード
クリスマスカード
加古川南高校からの色紙
メッセージが書かれた色紙

 先日、訪問させていただいた時は、貴重な体験をさせていただいてありがとうございました。 同世代の人たちが何を感じどんな行動をとったのかなど初めて知ることがたくさんありました。 お話を聞いて私たちが感じたことを短いですが書かせていただいたので読んでいただけると幸いです。 これからも両校の交流を通じて震災について学び伝えていきたいと思います。遠く離れてはいますが、 何かできることがあると信じて生活していきたいです。

加古川南高校からの手紙


▲ このページの先頭へ